2007年10月09日

南優子式ダイエットのレビュー

生きてゆく中で、一番大切な事って何でしょう?

それは、心の健康だと思います。

心が軽くなるためには

疲れていない、軽い感じの体調がヒツヨウ・・・です。


疲れた時には、まず体を休めてください。

心が健康なら

考え方が前向きになります。


グチをいわず、感謝する。

「ありがとう!」と言ってみる。


それだけで、好転してゆきます。

困った事が消えてゆくんです。

 
 
       ↓

 
       ↓

       
       ↓


       ↓


       ↓



そして、


忘れる・・・







--☆★☆★☆--------------------------------
   
       
おはようございます!

やっと涼しくなってきましたね。


スポーツの秋です。

息子も勉強しないで

部活ばかりの毎日です。

心配だぁ〜!


このメルマガでは、痩せること自体より

健康の為のダイエットを中心に紹介しています。


【目次】

 1. 過食症からの脱出

 2.編集後記

 
----------------------------------------------------------------------
 1.過食症からの脱出の仕方
----------------------------------------------------------------------

ストレスがたまってくると

脳が心を安定させる為に

アドレナリンを分泌します。


分泌する方法は、食べることなんです。

そのために過食症になります。

ひどくなると、自分でコントロールできません。


強迫的に食を拒む、強迫的に食べ続ける。

過食を止められない自分を情けなく思う

腹が立つ、自己嫌悪に陥る。

そう、病気なんです。


うつ病やパニック障害と同じです。

私の友人にうつ病の人がいます。

何度も自殺しそうになりました。

なんとか止めましたが。

節食障害でも自殺の可能性があります。

「つらい」のです。



過食と拒食を交互に繰り返すことを摂食障害といいます。

節食障害になると、脳内のセロトニンが減少します。

うつ病と同じです。


ひどい場合は

心療内科にいくとか、専門家のカウンセリングを受けてください。

神経障害を直すには、投薬が有効です。

今のクスリは良く効きますよ。


比較的安全な睡眠誘導剤や

ナフラニールなどの抗うつ剤や

SSRI系の抗うつ剤やSNRI系の抗うつ剤が処方されます。


節食障害になると脳が萎縮するそうです。

食べないから脳に障害が起こるのか

障害が起こったために食べないのかわかりませんが

3回食べたほうが良いですね。


節食障害の人は

自分の感情を内に溜めるタイプの人が多いようです。

一人で我慢して、一人でがんがろうとします。

悲しいですね。

頑張すぎてコワレル・・・。


体重へのこだわりと少なくする。

完璧さを求めない。

みんなに助けてもらう。

みんなで助ける。


若い女性の場合はリズム運動がよいようです。

ジョギング、エアロビ、水泳、ダンス

最低でも100日くらいはかかるようです。

ストレッチや足もみなど

血液の流れを良くすることも良いでしょう。


単純に栄養不足

満たされない心からくる心の寂しさ

その穴をうめるために過食するのだといわれています。


そんな人に紹介します。

大阪人らしい元気さと丁寧なサポートが評価されています。

私も使っていますが

じっくりと健康的に痩せたい方にお勧めです。

楽しく努力してください。

http://ukiuki-dieto.seesaa.net/
     ↑ ↑ ↑
必要な人だけクリックしてください!



posted by 満天ぱぱ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 摂食障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。